イリノイ州の蛍石 その2

 

イリノイ州で定番の産地と言えば、1990年代まで現役であったMinerva#1鉱山、Denton鉱山、Annabel Lee鉱山など(あるいは大まかにCave-in-Rockが)が挙げられるのではないでしょうか。

 

しかし、イリノイの蛍石という200年近くにもなるその歴史の当初においては、かの有名なCave-in-RockではなくRosiclareという場所が採掘の中心でした。

さらに言えば、当初は蛍石を目的として採掘していたのではなく、方鉛鉱に含まれるわずかな銀を目的にこの一帯では採掘が行われ、蛍石はズリなどに放置されていたと言います。

しかしその後、南北戦争を経て20世紀へと入り、第一次世界大戦という時代の荒波の中で蛍石の価値も大きく変化していきます。

そう、1880年代に始まったら新しい製鉄法の中で、蛍石が溶剤として使用されるようになったのです。

そして1900年代に入りさらに蛍石の需要は高まる中イリノイで中心的な鉱山を稼働させていたのがThe Fairview Fluorspar and Lead Companyという企業でした。

ちょうどその第一次世界大戦ごろにおいてイギリスのDurhamやCornwallと、このRosiclareが蛍石の二大産地だったようです。

 

このページではそんなCave-in-Rockではないイリノイ、Rosiclareの蛍石を扱います。

 

 



Blue Diggings Mine

Blue Diggings Mine, Rosiclare, Rosiclare Sub-District, Illinois - Kentucky Fluorspar District, Hardin Co., Illinois, USA

14.5cm×12cm×10cm

 

Rosiclareの中でもBlue Diggings鉱山という、滅多に見かけない産地の蛍石。

色は外側から紫・黄色・無色となっており、そのサイズも相まってかとてもカラフルでインパクトの大きい標本です。

そして”そのサイズ”と書いたように、なんと最大辺が15cm近い結晶と我が家でも断トツでトップの大きさ。

勿論それだけ大きければ重量もありますし(2kg越)、蛍光もかなりのものですし、結晶の骸晶も素晴らしく、複雑な様子をみせています。

結晶の一部にはクリーム色の方解石がビッシリとついていて、これはこれでアクセント。

 

Blue Diggings鉱山は遅くとも1910年にはThe Fairview Fluorspar and Lead Companyによって採掘されていた鉱山で、青い蛍石がとれたことからこの名前になったようです。生憎とこの試料は青くないですが。

現状Rosiclareの蛍石となると、どこの鉱山かわかるものは相当のレアなのでしょう。とある人が言うには「Rosiclareの蛍石で鉱山名がわかるのものは、その殆どが1950年代に採集されたもので、それも十二分にレア」とのことですが、そう言われると逆に集めたくなるのがコレクターの性なのか。




追記

イリノイの蛍石でも、単純にイリノイとだけ書かれていればCave-in-RockなのかはたまたRosiclareなのかそれとも???と思うことはよくあります。

そういう時のための、簡易な鑑別法としてRosiclareのものは蛍光するというのがあるそうです。

一般的にCave-in-Rockのような接触交代鉱床の蛍石はハイドロカーボンを含まなければ蛍光しません。それに対して、Rosiclareなどで典型的な脈状の鉱床はハイドロカーボンがなくても蛍光することがあるんだとか。

実際、この標本でもわりとしっかり蛍光します。


(ご教示頂いたR氏、感謝いたします。)