ネバダ州の蛍石

 

アメリカの蛍石といってもネバダ州産というのはマイナーな部類だと思います。

 Boulder Hill Mineなどと見いかけないことはありませんが、やはりマイナーな感じは拭えません。

 



Relief Canyon Mine

Relief Cnanyon Mine Fluorite 蛍石 アメリカ

Relief Canyon Mine, Relief Canyon, Antelope Springs District, Pershing Co., Nevada, USA

32mm×25mm

 

アリゾナ州のパステルピンク&パステルグリーンの蛍石。

表面はエッチングのためかざらざらに見えますが、しっかり八面体結晶になっています。

もう少し濃いピンク色だったら「スイスのピンク蛍石です!」と言ってもばれない気がします。

冗談はさておき、優しい色合いでほんわかという感じの標本なのでもうちょっとメジャーになっても良いのではと思ったりします。

 

なおここの産地は2009年にこのタイプの蛍石や方解石が産出したようで、これもそのうちの一つです。

この標本ではほぼパステルピンクですが、色のバリエーションとしてはほかにもライラックや、紫といったもののほうが主です。


Sharon Claims

sharon claims botryoidalFluorite

Sharon Claims, Esmeralda County, Nevada, USA

34mm×33mm×18mm

 

日本ではほぼ流通していないと思われる、ネバダ州の葡萄状蛍石。

茶色・半透明の球状結晶が大小いくつもあり、写真上部に見えるように若干方解石もついています。

インド産の黄色球状蛍石同様に、紫外線長波をあてると強烈に黄色く蛍光します。もしかすると地質学的な条件が似通っているのかもしれませんね。

なんにせよアメリカの球状蛍石は見たことがほぼないので、そういう意味では面白いものです。

 

調べてみるとこのSharon Claimは金銀などを多く含有する土壌らしく方沸石、菱沸石、方解石、蛍石などが採れるようで、特に沸石類は綺麗なものが採取できるようです。