テネシー州の蛍石

 

テネシー州といえば、真っ先に紫色の蛍石と閃亜鉛鉱やバライトとの組み合わせが美しいElmwood鉱山の物が思い浮かびますが、他にもGordonsville鉱山やCumberland鉱山の物が細々と流通しています。

これら3鉱山すべて60年代~70年代にかけて開発された亜鉛鉱山で、ミシシッピバレー型鉱床(MVT)に属します。

 



Elmwood Mine

Elmwood mine, Carthage, Central Tennessee Ba-F-Pb-Zn District, Smith Co., Tennessee, USA

Miniature SIzed

 

テネシー州の有名な鉱山・Elmwood鉱山の蛍石。

白いドロマイトを伴ってロイヤルパープルの大粒結晶が、シンプルに美しい標本。

近年ではこういった鮮やかな紫で綺麗な結晶はほぼ見かけなくなってしまいました。

これはコレクターの放出品であり、以前の持ち主の美学が窺い知れます。

 

Elmwood鉱山はルビージャックと呼ばれる閃亜鉛鉱や、宝石を思わせるような黄金色の時にステラビームと称される犬牙状方解石、そして無色~薄いピンクや濃紫の蛍石で広く知られた産地です。

Missipi Valley-typeに属し、他にもカリフラワー状の重晶石やドロマイトを伴って産出されます。

歴史的な流れを見ると1960年代中盤からテネシー州にて亜鉛を目当てに試掘を繰り返した結果でてきたのが、このElmwood鉱山です。途中からはゲルマニウムも副産物として操業していましたが亜鉛価格の低下に伴い2003年に一度は閉山しました。

その後2010年に別会社によってReOpenされ、犬牙状の方解石が市場にある程度出回りました。一方蛍石に関しては往時の質には全く届きませんでしたが、それでも一定数はコレクターの手元に標本として供給されました。しかしそれも長くは続かず、2015年末に再度閉山の報が出回り、今後はどうなるか気になるところです。

(2017/5/16)

Elmwood mine, Carthage, Central Tennessee Ba-F-Pb-Zn District, Smith Co., Tennessee, USA

31mm×22mm×10mm

Collected c. 1990's

 

海外のコレクターがたまにロイヤルパープルとよぶタイプのエルムウッド。

私の目にはラズベリーかラズベリーレッドといった赤みを帯びた紫の結晶。ですが、より入手しやすい黒味の強い青/紫や、綺麗なネイビーブルーの結晶とも確実に色が異なります。

 

閃亜鉛鉱が綺麗に結晶している点や蛍石の透明度がよい点もポイントが高く、エルムウッド全般に当てはまる通りライティングによってはさらにずっと綺麗に魅せてくれる標本。艶かしい。

 

2010年から再開していたというElmwoodも残念ながら2015年11月に閉山が伝えられました。

理由は全く違うとはいえ、RogerleyとElmwoodという2つの有名産地が終わりを迎えたことになります。何年後かには古典的産地扱いされてしまうのかと思うと少し悲しいものです。

 


Elmwood mine, Carthage, Central Tennessee Ba-F-Pb-Zn District, Smith Co., Tennessee, USA

 

こちらも同じくTennessee州・Elmwood鉱山の蛍石。

ただ、形がちょっと面白い。

所謂この鉱山ででるetchedなタイプ。そしてその中でも良くあるキノコみたいな形の柄の部分が恐らく取れてしまった、という形なのでしょう、やっぱりどこかへんてこりん。

形が形ですので、正直ぱっと見は単なる劈開片にしか見えないのですがよく見ると一面以外は全部結晶面、、、もうまったく…。

 

色合いは透明~うすーい黄色で、その上に紫色の斑点がちょこちょことでています。エルムウッドというと紫のイメージが一番強いとおもいますが、あの紫の内部は透明なことが多いのです。

しかし、ここまでくるとエルムウッド・コーナーというには過ぎたるは猶及ばざるが如しか。

 

ちなみにこういうエッチドなタイプはここのところあまり出回っておらず、これも購入したお店のご家族の元コレクションだそう。おそらくは1970年代から遅くても80年代に産出のものでしょう。

 


Gordonsville Mine

Gordonsville mine, Carthage, Central Tennessee Ba-F-Pb-Zn District, Smith Co., Tennessee, USA

40mm×30mm×20mm 

Ex. Chris and Agatha Galas collection

 

テネシー州の蛍石といえば、Elmwood鉱山は有名どころでしょう。ただそれに続く2鉱山はあまり有名ではなく流通量もElmwoodに比べれば幾分劣ります、その片割れであるGordonsville鉱山の標本。

 

ドロマイトを母岩として薄紫色の蛍石、鼈甲亜鉛、バライトが揃ったCarthageらしい見た目となっています。

蛍石は透明度もまずまずで、しっかりファントムが入っているあたりポイント高いです。均整のとれた配置で、4㎝ぐらいのミニチュアという好みのサイズ

でラブリー。

 

Elmwoodあたりの蛍石や方解石は欧米ではかなり人気な標本なのですが、実のところ私にとっては濃紫色の標本というのにあまり食指が動かず、毎度毎度とスルーしてしまいがちな産地。

そんななか今回はアメリカ(だと思います)のコレクターが大量にElmwood・Gordonsville・Cumberlandな3鉱山の蛍石標本を手放し、中にこれはと思うものがあって久々テネシー州の蛍石を入手したのです。同じくアメリカの有名産地として名高いイリノイ州のものは年に何個となく入手するのにね、、、

 

ちなみにGordonsville鉱山の蛍石標本というのは「Elmwoodを20個見かけたら1個見かけるかな」ぐらいの体感なのですが、標本としてみてみるとElmwoodのものと差別化するような特徴は特段に内容に思います。もしかするとTennessee州蛍石コレクターにはわかる特徴があるのかもしれません。慣れてくるとイリノイ州の蛍石にも特徴があるのがわかってくるように。