ベルギーの蛍石

 

ベルギーを含めたベネルクス三国の蛍石標本は珍しいといえ、辛うじて見かけるのがベルギーの蛍石です。Fond des Vaulx quarryやBoltry Quarryの蛍石が知られますが、ともに流通は乏しくめったに出会えません。ですが鮮やかな色合いの蛍石が多く、虎視眈々探すコレクターもいるとかいないとか。

 


Boltry Quarry

Boltry quarry, Seilles, Andenne, Namur Province, Belgium

Ex. Renaud Vochten collection

65mm×55mm×30mm

 

普段見る機会の少ないベルギー産の蛍石。

今回は2012年に亡くなったベルギー人コレクターのコレクションから、ベルギー産蛍石が幾つか出てきたため比較的容易に入手が可能でした。

 

色合いは綺麗な黄緑色で、ちょうど中国湖南省/Xianghualiangあたりの緑色と似たような色合いです。

結晶表面はナチュラルにエッチングを受けた結果、かるく溶けたような感じですが、劈開された底面からみるとルースをとれそうなぐらいに透明なのがわかります。

写真一枚目、、、遠目にみるとカエルに見えますね。

 

このBoltry Quarryはベルギーでは有数の蛍石産地。ですが、大量に蛍石標本を市場に供してくれているようではなく、1970~80年代にこういったエッチングを受けた蛍石標本をだしたきり。それ以来の新規産出はめぼしいものがないようです。

色合いとしては、紫が最も多そうですが、青やピンクに近い色、緑や無色など幅広く存在している模様。

(4/21/2016)