ルーマニアの蛍石

 

ルーマニアの蛍石はある程度ですが見かけるところです。有名なCavnicのCavnic MineやBoldut Mineの透明、緑色、ピンク色などの蛍石があり、水晶と共生しているとても綺麗な物も存在しています。

現在Cavincの鉱山はすべて閉山しているとのこと。

 


Boldut Mine

Boldut Mine, Cavnic, Maramureș Co., Romania

10mm×10mm×10mm

 

ルーマニアで蛍石がでることはコレクターにとってはある程度知られたところですし、淡いピンク色の結晶と水晶のコンビネーション、ミントグリーンの球状結晶、無色にちかい白~極淡い紫の結晶など幾つかのタイプが存在することは知っていました。

ですがピンキッシュパープルと淡緑のバイカラーで貫入双晶、これは初めてみました。

 

ルーマニアで貫入双晶が出ることに驚きましたし、産地ミスではないかと一瞬疑いましたが、カラー自体は前述の”淡いピンク色の結晶と水晶のコンビネーション”のものに似通っていますのでまぁBoldut鉱山産なのでしょう。もしかするとそのタイプのクラスターから分離された結晶ということもあるかもしれませんね。

 

実物は10mm程度と小粒ですが、それもあってか透明度もまずまず。ブラックライトでもほどほどに蛍光しますし、レアさと綺麗さを両立させたマイクロマウントといったところでしょう。

Boldut Mine, Cavnic, Maramureș Co., Romania

40mm×30mm×30mm

Mined in 2006

 

変わり種のルーマニア蛍石として有名なミントグリーンの球状結晶。

透明で細い5mmほどの水晶の針山の上に、この蛍石が2個のっている。この組み合わせはとても美しく、その上蛍石はブラックライトで青く蛍光する。しかし、写真は難しい。

 

2006年にワンポケット開いた時のもの。当時はある程度流通したようですが、数年後に私が蛍石収集を始めたころにはもう市場では非常に希少なものとなっていました。そのためこれもコレクターの放出品で、数年間虎視眈々と探してようやく入手できました。

(10/16/2016)

 

Cavnic Mine

Fluorite from Cavnic Mine

Cavnic Mine (Kapnikbánya), Cavnic (Kapnic; Kapnik), Maramureș Co., Romania

67mm×62mm×40mm  Largest = 12mm

 

念願のルーマニアの蛍石。

白っぽい母岩の上に、これまた白い方解石を伴って無色透明の蛍石が一つポツンと存在しています。

だいぶ地味な見た目ですが、ルーマニアの蛍石というのはちょっ珍しい産地で面白い。

ただ、やっぱりちょっとわかりにくい色の組み合わせ。(下段一枚目)

裏面には黄鉄鉱と閃亜鉛鉱が確認できます。

 

ちなみにこのCavnic Mineは菱マンガン鉱のtype locality。

この産地の水晶や菱マンガン鉱はよく見かけます。