Other locations from Germany


 ザクセン州や黒い森が群を抜いて知名度の高いドイツの蛍石産地ですが、それら以外にも鑑賞に耐え得る蛍石を産出する場所がいくらか存在しています。このページではそれらについて扱います。



Caaschwitz

Caaschwitz, Gera, Thüringen, Germany

25mm×21mm×10mm  Largest = 5mm

 

ドイツの蛍石を探していると、稀に見ることのある産地の蛍石。

青紫をした蛍石と母岩の白地によるコントラストは見る者を楽しませてくれます。

 

その色合いですが、青紫といっても中心が少々濃い紫で表面には斑点のように色のムラがありと、あたかも一部のイリノイ産蛍石(たとえばDenton鉱山のものとか)に似た印象を受けます。

勿論結晶のサイズはこちらがmm単位、イリノイはcm単位と異なりますけれど。

 

Caaschwitzでは数mm単位の紫色な蛍石がとれるようですが、10年以上前に砕石場は終了してしまっているとのこと。

この標本については前の持ち主のラベルに"Fluorit xx, Caaschwitz, BRD"と書かれていたため、BRD(ドイツ連邦共和国)という名が示す通り90年のドイツ再統一以前に採集された標本であることがわかります。

(4/24/2016 追記)


Seebach Cliff

Seebach Cliff, Friedrichroda, Thuringian Forest, Thuringia, Germany

Miniature size

Ex. TAK collection

 

煌めくヘマタイトで装飾された、柵状に伸びる赤くほんのり色づいた水晶。

それを母岩とし、結晶した青緑色のふんわりとした蛍石。黒赤とメルヘンシーグリーンのコントラストが素晴らしい。この産地としては充分にエクセレントなミニチュア標本だと思う。

 

基本的には稀に見かける程度の、ドイツ蛍石マニア向けの産地。この産地の蛍石は大抵このような淡い緑色ですが、あまり大きい結晶を見かける気はしません。前のコレクターは2000年代前半に入手されたとのこと。

(12/5/2016)


Pfaffenberg Mine

Pfaffenberg Mine, Neudorf, Harzgerode mining district, Harz, Saxony-Anhalt, Germany

Miniature Sized

Ex. Gunter Ertle Collection

 

現代ではほぼ見ることのない蛍石。

ごく淡く緑に色づいた蛍石がチョコレート色の菱鉄鉱に散らばるもので、蛍石は最大で8mmとかそのぐらい。色のコントラストは比較的好み。

 

Pfaffenberg Mineを含めたNeudorfは方鉛鉱や車骨鉱で知られる産地で、その全盛期は19世紀前半でした。20世紀初頭には鉱山は閉山してしまい、いわゆる歴史的産地というものです。

この標本は単純な蛍石として考えると貧弱と言わざるを得ません。なおかつどの年代に採取されたものか不明です。しかしながら歴史的産地であるということに変わりはなく、なおかつ蛍石が比較的レアな地であることを勘案すると意義のある標本に早変わりするわけです。そういう玄人向けの標本。