日本の蛍石 (Fluorite from Japan)

ここ日本においても様々な産地で蛍石が産出していました。

全てがすべて海外産と比べても遜色がないとは言えないかもしれませんが、綺麗なものも多く産出しています。

大分県の尾平鉱山や豊栄鉱山、岐阜県・平岩鉱山和歌山県・大塔鉱山、福島県・蛍鉱山などをはじめ兵庫県や三重県など幾つかの産地が良く挙げられています。




岐阜県平岩鉱山

岐阜県 関市 上之保村平岩 平岩鉱山

Hiraiwa Mine, Seki City, Gifu prefecture, Japan

50mm×40mm×40mm  Largest = 3mm

第36回名古屋ミネラルショーにて購入

 

有名な岐阜県平岩鉱山の蛍石。

色は紫色で、小さいけれどもしっかり自形結晶になっています。

形はなんだか丸み帯びている感じです。もう少し大きければしっかりわかるのですけれど…

石英の隙間に紫色の蛍石がプチプチとついているのがとても良いコントラストで、海外産の大きな結晶とは違ってこれはこれで趣があります。

 

この平岩鉱山は戦後に開発された鉱山で、昭和48年に閉山したとのこと。

この産地の物には石英の隙間に小さい自形結晶が付くタイプがあり、これはその典型例といえると思います。これはコレクターの方が00年~05年ぐらいに採集されたもの。


蛭川村田原(岐阜県)

Fluorite from Gifu, Japan

岐阜県 中津川市 蛭川村 田原 (旧恵那郡蛭川村)

Tawara, Hirukawa, Nakatsugawa City, Gifu prefecture, Japan

25mm×19mm×16mm Largest = 14mm

第27回東京国際ミネラルフェアで購入

 

岐阜県・田原の蛍石。

色は無色透明から若干緑色がかっている気がしないでもないです。

国産というだけでもポイントが高いのに、照り・透明度ともにとても良く、形もしっかり八面体の自形結晶が3個つらなっているナイスなサムネイル(一部にa面も確認できます)

照りがとても良く、他の方と一瞬トパーズかと思いました等喋っていました。

この結晶の中心にある黒い細長のインクルは何なんだろうか…気になります。

 

お店の方によると、石切場が稼働していた往時の産出品とのこと。

中々このレベルのものは今採れないんじゃないだろうかと、考えてしまいます。



和歌山県大塔鉱山

和歌山県 田辺市 大塔町 大塔鉱山

Oto Mine, Tanabe-shi, Wakayama prefecture, Japan

60mm×30mm×25mm  Largest = 8mm


和歌山県の有名な蛍石産地、大塔鉱山の蛍石。

形は無色~薄い緑色で八面体(正確には六面体+八面体)になっています。

結構大きい目の八面体なので目をひくというか、目をひかれたので記事にしようと思った次第。

そして何より、強蛍光性を示します。紫外線長波で綺麗に青白く光るので面白い。八面体、強蛍光、緑系というとスペインのバルセロナのあれを連想してしまいますね。


この大塔鉱山は国産の蛍石鉱山の中でも有名なもののひとつで、昭和20年代から稼働していた鉱山とのこと。とくに強蛍光することで有名で、採取にいかれた知人の話では、雨上りのあと一面が怪しく太陽光に照らされて蛍光したりとか云々。



大分県 尾平鉱山

Hajikami section, Obira mine, Bungo-Ohno, Oita, Japan

大分県豊後大野市尾平鉱山はじかみ坑

22mm×15mm×15mm

 

恐らく日本の蛍石産地としては最も世界的な知名度を誇るであろう、大分県・尾平鉱山からの蛍石(と何かのインクルージョン)。

 

色合いは爽やかな緑系統の色合いで、表面は少々マットと言えるかもしれません。(実際はもう少し緑色の色合いですが、どうも我が家の機材と私の腕では巧く捉えることができません。一枚だけ、編集して実物に近付けています。)


形は八面体をベースにして、a面とd面が表れています。

尾平鉱山やその近傍の豊栄鉱山の蛍石では、八面体がベースであり六面体や十二面体の部分が表れることも多いとあるため、この標本も典型的な形と言えるのではないでしょうか。

 

尾平鉱山の蛍石となるとピンク色の物が名高い気がしますが、勿論緑色~灰色・無色にわたる蛍石がとれたそうです。

1954年には閉山してしまっているため流通もあまりないですが、ピンクの標本も入手しておきたいところ。



栃木県 大成鉱山

Taisei Mine, Nikko City, Totigi Pref., Japan

栃木県日光市 大成鉱山

30mm×20mm×13mm

Mined in 1/1/2015


今年の春先から出回り始めた、国産の蛍石。

蛍石に入れ込み始めて数年、新産でしかも国産蛍石、なおかつ見た目にきれいで鑑賞に耐え得るレベルの物と遭遇することが出来ました。


不透明ではありますが色鮮やかな蛍石のグリーン、透明な水晶、純白のカオリンの組み合わせの標本。この産地の蛍石を初めて見たときはとても衝撃的でした。国産でこれだけ綺麗なものが、現在でも産出するのかと。


私自身も採集したご本人から入手し、お話を伺ったところ「今年2015年の元旦にとれた縁起の良い標本だよ」とか。

大成鉱山はカオリンなどを採掘している現役の鉱山だそうです。


今回流通している幾つかの標本を見てみると

①水晶、カオリン、黄鉄鉱などと共生する

②大きくても2㎝前後とおぼしき緑色の不透明な八面体結晶がメイン。少しだけ紫が混じることも

③軽くですが蛍光する

という印象を受けます。

敢えて外国産の蛍石に例えるならば、スペインのPapiolか、ナミビアのErongoあたりに少し似た印象を受けます。ともにカオリン鉱山ではありませんが