メキシコの蛍石

  メキシコの蛍石というのは国別に蛍石を集め始めなければ、中国やアメリカ・はたまたヨーロッパの蛍石と比べて目に留まりにくいかもしれません。

しかし、現在メキシコは中国についで世界第二位(2013年統計)の蛍石生産国となっており、それゆえメキシコから良質な蛍石標本も市場へと流れてきます。

 

メキシコの蛍石標本として知名度を最も得ているのはナイカ鉱山の蛍石でしょう。ナイカはその石膏やクリスタルの洞窟で広く知られているのだと思います。

しかしながら、良く見かけるのものにはEl TuleやEsperanzaといったMuzquizの蛍石であったり、はたまたNavidad,El Filio,Mapimi,Ojuela鉱山といったDurangoの蛍石あたりも含まれているのではないでしょうか。

そしてナイカに比べると知名度で劣りますが、面白い蛍石を産出しているSan Martin鉱山も見逃すことはできません。

 


Naica

Gibraltar Mine, Naica, Mun. de Saucillo, Chihuahua, Mexico

Mined in early 2007

60mm×40mm×35mm

 

”クリスタルの洞窟”を擁し、鉱物界を超えて名を知られていると思しきナイカ。

そのナイカの名は蛍石を収集するうえでも幾度となく見かけることとなります。そんなメキシコ・ナイカの蛍石標本。

 

無色透明に近く一部がアップルグリーンに色づいた結晶は、立方体とドデカヘドロン由来の面を持ちます。黒い閃亜鉛鉱とあいまって、透明度が引き立っているような気もしますが標本としてはまずまずのものなのだと思います。

個人的には、こういったものは無色透明というよりもシルバーに近いかな…と感じてはいるのですが、ビシッとした写真を撮るのがほかの色に比べて難しんですよね、ダリネゴルスクの透明物やアストゥリアスの無色透明物同様に。

 

1952年以来、半世紀以上の歴史を持つナイカ鉱山。

ナイカの蛍石は無色透明のものが多いですが、紫やアップルグリーンのものなどもありますし、この標本のようにCube+Dodecahedronのものか、八面体式の結晶が主流と言えるでしょう。一方で水入りの結晶やスピネル式双晶の結晶も一部には存在しており、"沼"といっても差し支えないことでしょう。

 

ちなみに単純にNaicaまたはNaica鉱山と書かれているもののほかにも、Gibraltar MineだとかSiglo XX Mineだとかいろいろあるようで詳しいことはあまりわかりません。いつかシッカリと文献とかを調べてみたいところです。


Navidad Mine

Navidad Mine, Abasolo, Rodeo, Mun. de Rodeo, Durango, Mexico

Small Cabinet Size

 

一時は一山幾らで売られていたNavidad鉱山の紫色の蛍石。

ピンクやホットピンクと称して売られているの見かけますが、絶対にこれは純たるピンクではないと思います。ラズベリー色というのが納得できるのではないでしょうか。元々はドス黒い紫色で、太陽光に曝していうるちに色が薄まりこの色になるのだとか。

 

とはいってもこの標本はよくあるNavidadの蛍石の中ではレアタイプ。どういうことかと言うと、ほぼすべての物は八面体式の結晶がべたぁーっと連なって見た目が悪いのに対して、これは八面体が良い感じにisolatedになっています。isolatedになったものは非常に少ないのです。

(2017/2/12)

Mina Navidad,Mexico Creedite/Fluorite

Navidad Mine , Abasolo, Rodeo, Mun. de Rodeo, Durango, Mexico

Miniature Size

 

花のように咲いたクリード石の上に、ちょこんと蛍石が数個のった標本。

オレンジ色に見えるクリード石と、淡い水色蛍石のコントラストが美しい。

オレンジ色は鉄分を含んだオレンジ色の母岩によるものらしく、実際によく見てみるとクリード石の結晶自体は無色透明となっています。

 

Navidad鉱山は元々蛍石を目的とした鉱山で、最近ではクリード石も目的として採掘されているようです。

流通している蛍石は2種類あり、どぎつい赤紫色をした八面体結晶が群れを成すタイプと、この標本みたいにクリード石に水~緑色の結晶が付着するタイプ。

前者は一時期大量に出回り安価で流通しましたが、クリード石と共生するタイプは比較的流通が少なく破損もしやすいため良品を探すのは骨。輸入しなければならない国内では、さらになお。

(2017/2/11 編)



El Tule Mine

El Tule Mine, Melchor Múzquiz, Coahuila, Mexico

Mined in May/ 2015

Miniature Size

 

淡く紫系統の蛍石と白く濁った天青石の母岩の組み合わせというEl Tule鉱山の典型標本。

ただし透明度・照り両立の具合が以前の物に比べて隔絶しています。

透き通るような透明さに眩い煌めき。これらは相乗効果を生み出し、藤紫色の宝石を散りばめたかのような印象を与えます。 実物は写真の3倍くらい輝いているのですが、きっと同Findのものを見かけたことがある方は察してくれることでしょう。

 

El Tule鉱山を含むMuzquis一帯からは紫色系の蛍石が良く流通し、黒に近いような濃い紫から淡い無先色までバリエーションに富みます。

形に関しては、骸晶の発達具合によって受ける印象は異なるものの、概して立方体と言えるでしょう。

El Tule鉱山はそれらの中でも質の良い標本を産出しているとうかがえ、板状の白い天青石に紫色の蛍石が乗るタイプは高く評価されています。

ただここまで照りがでることは、本当に、稀と言えるでしょう。

(2017/2/15)

Muzquis

Muzquis, Coahulia, Mexico

48mm×42mm×35mm Largest = 12m

Attr; Tule Mine

 

6面体集合結晶で有名なMuzquis, Mexicoの紫蛍石です。

恐らく正確な産地は、Tule Mineでしょう。

 

この産地のものは結晶中心部分は白~透明で、端には濃い紫色が現れ、天青石を伴うこともあります。

また、写真には写っていませんが、裏側にも無数の6面体集合結晶がありどの角度から見ても見栄えの良い標本です。

 

なお、Muzquisといえば、ここのところEsperanza鉱山産の濃紫蛍石が流通しています。これはこれで見ごたえのある濃紫色の蛍石で、価格設定も手頃なものが多いようなので嬉しい限りですが、群を抜いて美しいものとなると見かける気がしません。



San Antonio Mine

San Antonio Mine, East Camp, Santa Eulalia, Mun. de Aquiles Serdán, Chihuahua, Mexico

Ex. Janet and Lee Kuhn Collection

 

メキシコの蛍石産地としてはナイカやMina Navidadなどと比べると知名度はありませんが、かといってマイナーな産地ともいえないSan Antonio鉱山の標本。

 

ミルキーな水晶の周りを砂糖掛けするかのように細かい蛍石が覆っています。

根元には大き目の結晶が幾らか散らばっており、結晶の端は丸みを帯びて独特な感じ。

あまりメキシコという印象を受けない標本かもしれません。

 

San Antonio鉱山は紫色の蛍石がメインの様で、無色~緑色のものも存在しているようです。メジャーと言えるほどの鉱山ではありませんが、このSanta Eualia一帯からは一定数の蛍石が流通してきています。

ちなみに以前の持ち主のKuhn夫妻は蛍石やメキシコを中心に蒐集していたアメリカ在住コレクターだったようです。

(2016/8/25)