ポルトガルの蛍石

 

ポルトガルの蛍石というとマイナーな印象をもつかもしれませんが、時々パナスクエイラ鉱山の蛍石を見かけます。特に2013年からは現在進行形で面白いものを多数産出しており、内モンゴル・イランと並んで現在最もホットな産地と捉えることもできるでしょう。

 

パナスケイラ鉱山自体はアパタイトや硫砒鉄鉱などの綺麗な標本を産出するので、コレクターにはなじみ深い産地の一つなのではないでしょうか。

 

 



Panasqueira Mine

Panasqueira Mines/ level 0, Aldeia de São Francisco de Assis, Covilhã, Castelo Branco, Centro  Portugal

Mined in November/2014

40mm×38mm×32mm

 

ここ二年間で良く見かけるようになったパナスケイラ鉱山の蛍石。

その中でも変わり種ともいえる標本で、若草色ぐらいのアパタイトの上に無数の小さい蛍石というもの。

とある人の言葉を借りるならば、「アパタイトに蛍石のふりかけ」とも。確かにそんな印象をうけますね。

 

蛍石自体は青紫~紫色で数ミリサイズのものが無数群れとなっており、形はよくよく見るとcuboctahedronのようです。

アパタイトも渋いめの色合いで、本当に面白い組み合わせかもしれません。明らかに当サイトに掲載済みの別標本とは雰囲気が異なるとはいえると思います。

 

以前はパナスケイラの蛍石はレア物扱いされていましたが、ここ2年ほどの間で幾つもの蛍石が産出しており、中には変わったタイプなども含まれる現状もっともホットな産地の一つと言えるかもしれません。これは2014年11月に鉱山のごく浅い階層にて産出したものとのこと。


Panasqueira Mines/ level 0, Aldeia de São Francisco de Assis, Covilhã, Castelo Branco, Centro  Portugal

Mined in March/2015

Miniature Size

 

テリ・透明度ともに十分の水晶ポイントの半分だけを、緑泥石や白雲母を添えて、菫色の蛍石が花咲くかのように覆った美標本。蛍石を細かく観察するとCubo-octahedronとなっています。

水晶ポイントを細かい蛍石が覆うタイプは今でも時折みかけるものの、この標本を含めて最初に出回ったロットが質的に頭一つぬけているように感じます。

 

2013年の秋ごろから蛍石コレクターの一部で話題となっているパナスケイラ鉱山。2017年現在も新たな物が出回りつづけ我々を楽しませてくれます。当初のように数か月ごとに新たなタイプの標本が出回るといったことはなくなりましたが、まだまだ終焉は遠そうです。いつまでこのパナスケイラフィーバーは続くのでしょうか。

(2017/2/2 編)


Panasqueira Mine, Aldeia de São Francisco de Assis, Covilhã, Castelo Branco, Centro  Portugal

May mined in 2014  from Level 0, but not sure.

Miniature Sized

 

ジェミーな楝色の弗素燐灰石、うす茶色の白雲母、そして銀灰色の蛍石。

上品な趣を感じさせるパナスケイラ鉱山の標本。

 

アパタイトはパナスケイラ鉱山の代表的な鉱物ですので、勿論蛍石との共生標本もいくつか見受けられます。ただし、それらは大抵黄緑色の弗素燐灰石に紫色の蛍石との共生標本であって(例えばすぐ上に掲載しているものなどです)、紫色の弗素燐灰石との共生はほぼ知られていません。私自身この標本を入手した際に非常に驚きました。

 

なお蛍石は銀灰色と書きましたが、最大で5mm前後、もしかすると内部は紫or青となっているかもしれません。どちらにせよ紫の六角柱にこの立方体、茶色のアクセントがShowyなのには変わりありません。

 

既知の鉱物商がポルトガル旅行に赴く際、ポルトガルのパナスケイラ鉱山とは別な重金属鉱山の蛍石を探すように頼んだ結果でてきたのがこの標本。

これも2013年から続く一連のパナスケイラ・バブルの飛沫だと考えるならば、おそらくは2014年秋に黄色い弗素燐灰石と共生したものが産出した際の変わり種とも受け取れます。が、その公算は低いことでしょう。となるとこのレアものが産出した時期というのは皆目見当がつきません。いつかわかる日が来るのでしょうか。

(2017/3/27 編)

 

Level 1, Panasqueira Mine, Aldeia de São Francisco de Assis, Covilhã, Castelo Branco, Centro,  Portugal

Mined in June/2016

Miniature Sized

 

緑泥石で覆われた母岩に、銀色の黄鉄鉱をまぶし、大小とりどりの青紫色蛍石をのせた標本。

見た目に美しく、銀河みたいだなあというのが第一印象だったもので、入手してからその印象は変わっていません。

 

結晶の形は丸みを帯びつつもcubo-dodecahedronらしい感じで、光源によってはカラーチェンジもします。

パナスケイラの蛍石標本は流通する多くがLevel 0のものですので、Level 1というのは少々珍しいと思います。とはいっても2013年より続く浅い階層からの断続的な産出の一部であることに変わりはなく、紫系統の色合いや共生鉱物はパナスケイラらしいといえるでしょう。

パナスケイラの蛍石、本当に好きなんです。

(2017/3/27)


Fluorite from Panasqueira Mine

Panasqueira Mine,  Panasqueira Complex, Beira Baixa,Portugal

72mm x 53mm x 28mm Largest = 5mm

Mined in late 2013.

 

昨年2013年末に産出したパナスクエイラ鉱山の蛍石。

 

ツーソンショーレポートで見かけてからずっと欲しかった物の1つ。

苔の様な緑泥石の上に、黄鉄鉱と一緒に紫色の蛍石がちょこんとついています。

蛍石は最大5mm程度で、よく見ると濃い紫色のゾーンがあります。

全体として完成した感じのある標本でとても気に入っています。

 

パナスクエイラ鉱山では蛍石はレアらしいのですが、13年末に水晶、菱鉄鉱、緑泥石、白雲母、黄鉄鉱等に共生した紫色の蛍石が産出したポケットが見つかったのだとか。

 

石友の方たちと4つ共同購入したもののうちの1つ。

(これも石友のところへと嫁入りしました。)

 

 

Fluorite&Pyrite from panasqueira mine

Panasqueira Mine,  Panasqueira Complex, Beira Baixa,Portugal

94mm x 48mm x 26mm Largest = 4mm

Mined in late 2013

 

こちらも昨年2013年末に産出したパナスクエイラ鉱山の蛍石。

こっちは水晶の上を緑泥石が覆っていて、さらにその上に紫色の蛍石と黄鉄鉱が散らばっています。

蛍石は最大4mmですが、苔の中に半分蛍石が埋まっているかの様な印象を受けます。黄鉄鉱も控えめながらキラキラ主張しています。

 

同じく石友と共同購入したものの1つ。


Panasqueira Mine,  Panasqueira Complex, Beira Baixa,Portugal

Attr: Level 0, Mined c. June 2014

 

これもまたパナスケイラ鉱山の蛍石。

ただ、エッチングによって表面が白くなった変わった風体なのです。それでいて内部は青紫色という…。

このままでも見ごたえがあるし、劈開面から伺える内部の青紫色もまた綺麗というミニチュア標本。

 

水晶、菱鉄鉱、硫砒鉄鉱、緑泥石を伴っており、重金属鉱山であるこの産地らしい組合せとなっています。とくに緑泥石のついた水晶も惹かれるポイント。

 

このPanasqueira鉱山の蛍石にはエッチングによって表面が白くなったタイプも存在しておりこれもその一例。ちなみに、どうやらPanasqueira鉱山の蛍石は紫色がベースとなることが多いようで。

ポルトガルで欲しい蛍石産地はあとひとつ。