ロシアの蛍石

 

ロシアの蛍石が神秘のベール脱いだのは旧ソ連時代、1988年のミュンヘンショー。

ゴルバチョフ政権下で進められたグラスノスチに伴って、ロシアからの標本が西側諸国のコレクターの前に現れたのです。

そして1991年のソ連崩壊による混乱とともに、大量の良質な標本が旧ソ連構成国から鉱物市場へと運び込まれてきたといいます。(ただベルリンの壁崩壊以降に生まれた世代としては、その当時の状況を先人たちの記載から推し量ることしかできませんが)

同時に1980年代末から旧ソ連構成国であるカザフスタンやキルギスタンの蛍石も出回り始めたわけですが、このページではあくまでロシア連邦の蛍石を扱うこととします。

 

ロシアの蛍石というとDal'negorskの蛍石が圧倒的に有名であり、幾つもの博物館級の標本を産出する産地です。

Dal'negorskの鉱山の歴史は1872年に中国人によって発見されたことに始まります。1887年にはロシア人がDal'negorsk最初の鉱山であるVerchiny鉱山の権利を購入しています。1910年には日本海へと向かう鉄道が完成し、アメリカやオランダ、ドイツへ銅、鉛、亜鉛などを輸出していたとあります。

ソ連成立後はイギリスの会社が鉱山の権利購入するも、数年で追放されるなどの変遷をへて、1945年以降の調査で大理石だと思われていた崖が実はホウ素の鉱石であるダトー石だったと判明し大きな転換を迎えます。それ以降はソ連の主要なホウ素の産地となったのです。

ちなみにDal'negorskとはロシア語で"最果ての鉱山街"という意味だそうで。極東ですものね。

 

2001年のMR誌を参照する限りでは、Dal'negorskにはBor Pit(Borはホウ素の意), Danburitiy, First Sovietskiy, Second Sovietskiy, Sentyabar'sky, Verchniy, Nikolaevskiy, Sadoviyの8鉱山があげられていますが、Sentyabar'sky(7月の意)以外のいずれでも蛍石は産出しているようです。

ただ市場に出回る産地は限られており、Nikolaevskiy, First Sovietskiy, Second Sovietskiy以外の蛍石標本を見ることはほぼありません。

 

一方でDal'negorsk以外の蛍石ではKavalerovoの八面体結晶やブリヤート共和国の蛍石などが知られてますが、これらはやはり見かける機会が限られています。

またBikov Mineの青や緑色の綺麗な蛍石の流通が稀に見られるものの、産地としてはあくまで議論の残るものとされる向きが多いです。


Nikolaevskiy Mine


Nikolaevskiy Mine, Dal'negorsk , Kavalerovo Mining District, Primorskiy Kray, Russia

52mm×40mm×30mm   Largest = 15mm 

Acquired in Tokyo mineral Show of 2014

 

ロシアの蛍石といえばコレと10人中10人がまず挙げるのではないでしょうか、NYと並んで有名な無色透明の蛍石標本。英語圏なんかでは"Optical"と形容されたり、素晴らしいものだと"Invisible fluorite"なんて称されたり、かっこい。

 

そしてこの標本も超クリアな蛍石が群れています。無色透明過ぎるので写真に正確に写すのは難しいでしょうか?これだけ透明だと、母岩や共生した水晶と合わさって風景を楽しむ盆栽的な物とも。

結晶の形は六面体+12面体で、12面体の部分はスリガラス状になっています。

 

入手した際はDal'negorskとだけ記載されたラベルで売っていましたが、話しを詳しく聞いたところ案の定Nikolaevskiy Mineだとのこと。というかニコラエフスキー鉱山、発音しにくいですよね…。

そしてDal'negorskの蛍石、鉱山名を記載せずにDal'negorskとだけ表記して流通していることがしばしば。産地を気にしちゃう人にとっては、もにゅっとすることも?

なおNikolaevskiy鉱山は1982年にひらかれた比較的新しい鉱山です。2016年現在も現役の鉱山のようで、ミネラルショーでは毎回と言っていいほどどこかで見かけるのではないでしょうか。

 

 

Dal'negorsk Fluorite

Nikolaevskiy Mine, Dal'negorsk , Kavalerovo Mining District, Primorskiy Kray, Russia

40mm×33mm×22mm 

 

極東ロシア・ダルネゴルスクの有名な十二面体結晶です。

劈開もみられますが、わりとクリアな結晶が集合しており、母岩には極小の黄鉄鉱らしきものがついています。

蛍石と言えば立方体や劈開八面体というイメージの人が見ると、こういうタイプの蛍石はパッと見それとは気づかないかもしれないですね…どうだろう。


1st Sovetskii Mine

1st Sovetskii Mine, Dal'negorsk, Kavalerovo Mining District, Primorskiy Kray, Russia

60mm×34mm×30mm

 

Dal'negorskの蛍石として無色透明の次に上がってくるでしょう、黄緑色の八面体結晶のサンプル。

薄い水晶でできたプレートの上にモコモコふわふわとした緑色が散らばっています。地形みたいな印象も受けますね。どちらかというと渋い、、ほうなのでしょうか。

 

First Sovietskiy鉱山は緑色をした八面体の蛍石で知られる産地ですが1934年から1965年頃まで稼働していたとされます。あくまで旧ソ連時代に終わりを迎えた鉱山ではありますが、2000年前後には依然現地のコレクターやディーラから容易に入手できたようです。

この標本はディーラーが直接鉱夫から買い付けたと言っていましたが、本当かどうかは闇の中。

ただ東欧系のディーラだったため、冷戦構造の崩壊以前からDal'negorskにアクセスできたという可能性もあるのでしょう。

 

そしてDal'negorskの蛍石というと綺麗な青色の蛍石が2ndのほうのSovietskiy鉱山ででたりしたはずなのですが、いまだ実物と遭遇したことはなく…いつかは手に取って見てみたいものです。

紫色の2nd Sovietskiyはまだある程度見かけるんですけれどね。

 


Huraiskoye fluorite deposit

Huraiskoye fluorite deposit, Jidinskiy district, Buriatia Republic, Transbaikalia, Eastern-Siberian Region, Russia

53mm×45mm×25mm

 

2015年ミュンヘンショーにて少し話題だったロシア・シベリアの新産蛍石。

ロシア語表記ではХурайское месторождениеというみたいです、ロシア語読めませんが…。

以前からこの産地で蛍石がでることは知っていたのですが、 ロシアから鉱物を輸入するのは非常に手間ですし(英語が通じないことも多いですし)、なにより電子の海に殆ど現れてくれません。

今回ミュンヘンショーにてロシアの業者が一定量持ち込んだため、念願かなって入手することができました。

 

半透明でブルーバイオレットの結晶と、白いアラゴナイトのコンビネーションが尊い標本です。

八面体式の結晶面が集まっている様は山のような印象をうけます。後ろからライトをあてるとさらに綺麗なものです。

 

なお、今回流通しているものを含めて、この産地のものは見た限り紫の八面体と白いアラゴナイトとの組み合わせばかりのようです。

調べてみるとロシア連邦・ブリヤート共和国、言ってみれば東シベリアはバイカル湖近傍の産地とのこと。Dal'negorsk以外のロシア産蛍石は入手が困難な現状ですので、それ以外の蛍石を見られるというのは蛍石コレクターとして嬉しいものです。