韓国の蛍石


Tae Hwa Mine

Tae Hwa Mine, Neungam-ri, Angseong-myeon, Chungju, Chungcheongbukdo, South Korea

Ex. Phil Martin Collection

Prev. Mary and Gardner Miller Calcite Collection #474

 

非常に珍しい韓国産の蛍石。

白雲母を母岩として毛鉱か何かと思われるインクルージョンを含んだ蛍石がのる、レア産地のわりに見た目もよろしい標本。白い方解石のプレートもアクセント。

オールドコレクションであり、前の前の持ち主は方解石コレクターとして著名な夫妻。ミネレコ誌v.18#6にはそのコレクション特集もあるほど。これも方解石がついているからコレクションにいれたのでしょう。

来歴がしっかりした標本はそれを紐解くだけで楽しいものです。

 

日清戦争ののち独立し大韓帝国となった1897年以降、大日本帝国の保護国となる1905年までの間に独自で鉱山開発をしようとした向きがあるらしく、その間の1902年から開発されたタングステン鉱山がこのTawHwa鉱山みたいです。といっても私は歴史に明るくないので詳細な流れはさっぱりですが。

ただこの鉱山の灰重石は鉱物標本としてはある程度しられたもので、蛍石に比較するとかなーり良く見かけるもの。蛍石となると前述のとおり非常にレアで、私の蛍石蒐集ライフのなかで売りに出されているのを見かけた回数は両手の指で事足りるほど。大体無色または濁った無色、ほんのわずかにアイスブル―といったところでしょうか。これも無色ですしね。

(2017/5/28)